春なので、梅酒のリストを作ってみました。

春なので、梅酒のリストを作ってみました。


暖かくなってきた今日この頃。梅酒の季節です。といってもぼくは一年中飲んでますが。

ここ数年、居酒屋さんでもおしゃれなバーでも梅酒が豊富ですごくうれしいです。梅酒のリストがメニューにあると全種類制覇したくなります。

そんな、梅酒フリークのために「王道系」「にごり系」「黒糖系」「日本酒系」それぞれに数点づつピックアップした、梅酒のショートリストを作ってみました。

王道系

加賀梅酒加賀梅酒(14~15度):石川県の萬歳楽さんの梅酒です。醸造アルコールで約1年間漬け込み、更に梅の実を取り出して2年弱熟成。なかなか手が込んでますね。ロックやストレートでピュアで上品な味わいを楽しめます。全日空のファーストクラスで採用されているらしいですが、そう聞くとさらに風格を感じます。

星舎無添加上等梅酒星舎(ほしや)無添加上等梅酒(14度):本坊酒造さんによるこの梅酒は、名前のとおり香料、酸味料など無添加です。梅の香りにブランデーの華やかさが加わって、梅酒本来の味を楽しめます。2003年のモンドセレクション金賞受賞を初め、様々なコンテストで賞を獲得している実力派の梅酒です。

菜の花・梅酒菜の花・梅酒(12度):「白銀坂」という贅沢な芋焼酎をベースに、菜の花から集めた上質な蜂蜜で仕上げた蜂蜜芋梅酒です。芋焼酎の甘い香りと蜂蜜による上品な甘さが楽しめます。

にごり系

奥武蔵のにごり梅酒奥武蔵のにごり梅酒(12度):焼酎ベースの梅酒です。この梅酒のすごいところは、あらごしされた梅の果肉の量が半端じゃないこと。とろりとおいしい梅酒です。味は酸味と甘みが程よくブレンドされています。とにかく濃厚なので、ソーダ割りやカクテルにもオススメですが、一度はロックで飲んで欲しいです。

にごり梅酒・梅太夫にごり梅酒・梅太夫(12度):薩摩の山元酒造さんが芋焼酎をベースに作ったつくった梅酒です。昔ながらの家庭の梅酒の製法を元にしていて、どこか懐かしい味わいです。こちらもすりつぶした南高梅がふんだんに使用されていて、奥武蔵に負けないとろとろ感があります。お酒の香りはこちらの方があるかもしれません。毎年、数量限定販売らしいです。

黒糖系

瑞泉梅酒瑞泉梅酒(12度):沖縄の瑞泉酒造さんが自慢の琉球泡盛をベースに、沖縄黒糖と和歌山産・紀州南高梅を使用してつくった梅酒。ミネラルとビタミンが豊富な沖縄黒糖の『コク』が効いてます。ロックでさっぱり、どっしり飲むのが一番いいかも。

健美黒梅酒健美黒梅酒(12度):宮崎県日之影町産の青梅を芋焼酎に漬け込んだ梅酒です。ミネラル豊富な南九州産の黒糖に、アミノ酸やクエン酸を多く含んだ南九州産の黒酢をブレンドしている、健康志向な梅酒です。黒酢のまろやかな酸味と梅酒のバランスが絶妙です。

日本酒系

梅酒・早春梅酒・早春(10度):岡山特産の大粒梅を使用した梅酒です。味をととのえるため吟醸酒をブレンドしているので、ちょっと上品な大人の香りがします。舞妓さんを描いたラベルがなんとも涼しげです。(宮下酒造

吟の梅・大吟醸仕込み梅酒 吟の梅・大吟醸仕込み梅酒 (8~10度):その名の通り、大吟醸に肉厚で有名な福岡・立花産の高級梅を漬け込んだ梅酒です。「上品で、白ワインみたい」とか例えて欲しくない。それは、大吟醸の味わいです。

臥龍梅・梅酒・純米仕込み臥龍梅(がりゅうばい)・梅酒・純米仕込み(12度):静岡県の三和酒造さんが、関係業者さんへの挨拶周りように仕込んでいた梅酒が、現在数量限定で販売されているそうです。酒蔵らしい本格的な日本酒の味わいが、のどに染み渡る味わい深い梅酒です。

梅乃宿の梅酒・無濾過原酒梅乃宿の梅酒・無濾過原酒(17度):奈良県の梅乃宿酒造さんが日本酒をベースに造ったお酒。割り水やろ過をせず、出来立てをそのまま瓶詰めしているので、ダイナミックな味わいで、日本酒もしっかりと主張してきます。お酒好きが好む味だと思います。

もっといろんな梅酒を知りたい人に

極上の梅酒 完全保存版―市販梅酒カタログ極上の梅酒 完全保存版―市販梅酒カタログ:ソムリエや酒屋さんが厳選した梅酒、100銘柄のカタログです。市販されているものばかりなので、飲みたいとおもたらすぐ手に入るのがうれしいです。


Posted 2009-03-31 (火) 11:23  Updated 2011-04-06 (水) 21:09
Category: MONO   Tag:

Comments

  1. Nicolas より:

    このリストありがとうございます。とても面白いです。

    梅酒の種類は300以上があります。梅酒ジャパンのサイトにカタログを作りました。
    目標は日本にあるすべての梅酒を入れることです。


Post a Comment




»
«