脂肪を落し、太りにくい体を作る、クイック・スロートレーニングというもの

脂肪を落し、太りにくい体を作る、クイック・スロートレーニングというもの


ぼくの友人がLAでトレーナーをしていますが、ぼくがメタボ気味でエクササイズを始めた頃、良くアドバイスをもらってました。

彼からのアドバイスで一番良く憶えているのが、「筋肉は維持するだけでもカロリーを消費する」ということ。

筋肉にはたくさんの毛細血管がはしっていて、筋肉を維持するためにはそこに血液とともにエネルギーを送り込まないといけない。だから、それだけでカロリーを消費する。マッチョの人が太りにくいのはどうやらそのためのようです。

だから、ダイエットをするなら食事制限とかで痩せることだけ考えるんじゃなくて、きちんとしたエクササイズをして適度な筋肉をつけながら痩せることが大事だということです。そうやって、筋肉をつけながら痩せた身体は、ただ細くなるだけじゃなく、太りにくい体になるからリバウンドが無い。

男性にはクイック→スロートレーニングがオススメ

体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造そして、その友人に進められたのが、石井直方さんの「体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造」という本です。

スロートレーニングとは、筋肉に軽い負荷をかけつづけながらゆっくりと筋肉の伸縮運動をさせるトレーニングです。有酸素運動と誤解されがちですが、これは筋肉トレーニングで、筋肉に負荷をかけ続けるという非常に効果的な無酸素運動です。
スロートレーニングの良いところは、軽い負荷なのでこれまで運動不足ぎみだったかたでもすぐに始められること。また、ウェイト器具などなしでも、自宅で、体一つではじめられる点です。しかも、効果もすぐれています。

この本の優れている点はオールカラー・写真付で一つ一つのトレーニング方法の解説がされていることと、トレーニングメニューが組まれていることです。このメニューにそって2-3週間も続けていると、これまで鈍っていた体がトレーニングになれてくるはずです。

体がなれてきたら、次のステップ、クイック→スロートレーニングに移行すると良いでしょう。

クイックトレーニングとは、やはり軽い負荷で、「より強く、より早く、より高く」を意識して動作するトレーニングです。このトレーニングではスロートレーニングで筋肉に与えるストレスとは違うストレスを与えることで、筋肉がさらに効果的に鍛えられます。

このクイックトレーニングとスロートレーニングを交互に行うトレーニングメニューが、クイック→スローです。

この本には、さらに強靭な肉体を目指したい方のための、『ヘビー→スロートレーニング』や、『トレーニングを効果的に行うための食事の工夫』など内容が充実しています。

これから「痩せたい!」と考えている方には、スロートレーニング、もしくはクイック→スロートレーニングで無酸素運動を行ってから、ウォーキング、ランニング、スイミングなどの有酸素運動を行うと非常に効果的だと思います。

解説DVD付の、「体脂肪を減らす、筋肉をつける スロー&クイックトレーニング新版(DVD付) 」もあります。

女性にはスロートレーニングで脂肪燃焼に専念する『スロトレ』がオススメ

スロトレ脂肪は落としたいけど、筋肉はあんまり付けたくないという女性向けに、同じく石井直方さんが書かれた本が『スロトレ』です。

タイトル通り、スロートレーニングに特化した本です。スロートレーニングの考えかたは、もちろん男性向けに書かれた、上記の本と同じで、軽い負荷をゆっくりと筋肉にかける運動ですので、自宅で簡単に行うことができます。
成長ホルモンを分泌させ、脂肪を燃焼しやすいからだをつくる女性用のトレーニングメニューが、下の画像のようにカラーで見やすく解説されています。

スロトレ

この本には通常メニューだけでなく、各部位(例えばお腹とか、太ももとか)を局部的に引き締めるトレーニングも解説されています。
自分の希望にあわせて、通常メニューに局部トレーニングを追加すれば、「お腹をもっと絞りたい」とか、「ヒップアップをしたい」など、理想のスタイルづくりに役立つでしょう。

意外と大切なストレッチの知識と技術もちゃんと身に着けたい人にオススメ

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

柔軟がしっかりと出来ていると、エクササイズや筋トレがより効果的に行えます。
これはなぜかというと、理由は単純で体が柔らかいほど筋肉の伸縮の幅が大きくなるから。
5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド」では、柔軟を効果的に行うための5つのコツ(コアの操作、筋肉の特性、基部の固定、テコの原理、脱力&ゆっくり)の解説から、筋トレの合間に行う静的ストレッチ、動的ストレッチの解説など、図版付でわかりやすく解説しています。

上記のクイック→スロートレーニングやスロトレとあわせて行うと効果的です。

*本気で体を柔らかくしたい人は、『八田永子さんのみるみる体を柔らかくする方法』をオススメします。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

最後に、トレーニングやエクササイズが大切なのはわかってるけど、なかなか腰が上がらないと言う人に是非読んでいただきたいのが、「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」という本。
単純にストレス発散とか、気が引き締まるということだけでなく、肉体的に健康だとそれは「自信」につながるし、一度トレーニングをして頭を空っぽにすることで新しい発想が生まれてくることも多々ある。
「筋トレ」に限らず、トレーニングを始めるきっかけとして、読んでおくとイイ本です。

ためになるサイト


Posted 2009-03-30 (月) 6:26  Updated 2011-04-06 (水) 21:10
Category: BODY   Tag:

まだコメントがありません。

Post a Comment




»
«